サービス - Phoenix Accounting Singapore Pte Ltd

専門情報

フェニックス・アカウンティング・シンガポール

シンガポール+65-6202-0330日本語対応 お問い合わせ
東京+81-03-5772-6636

サービス

 

シンガポール進出支援税務アドバイス会計顧問及びアウトソーシング会計監査トランズアクションIPO支援

シンガポール進出支援

解決できる課題

CASE01

シンガポールで事業を始めたいのですが、会社設立、ビザの取得、銀行口座の開設などをすべてお願いできますか?

CASE02

シンガポールに子会社を作って事業を始めたいのですが、最適な投資方法はどのような方法になりますか?

サービス一覧

  • 1会社設立代行手続き

    ・現地法人の設立を代行。
    ※設立代行サービスには、会社名の予約、定款の作成、設立関連議事録の作成、登記などが含まれます。
    ・会社住所の提供。
    ・議事録の作成。
    ・銀行口座の開設の支援等も行います。

  • 2ビザ取得

    会社設立後にビザの取得を行います。
    駐在員のビザの取得や扶養家族ビザ、GIPプログラムによる永住者ビザの取得のコンサルティングも合わせて実施致します。

  • 3カンパニーセクレタリー

    シンガポールの会社はカンパニー・セクレタリー(会社秘書役)という役職を設置しなければなりません。(登記事項)秘書役は会社の事務的又は制度的なコンプライアンスを維持する責任があります。
    当社ではこの秘書役を提供し、各種議事録の作成、印章の管理、取締役会等の開催、登記などを行います。

  • 4居住者取締役就任

    会社の設立のためにはシンガポール居住者の役員が必要となります。
    当社のシンガポール居住者による名目上の取締役の就任の他、現地従業員のみの会社に対して取締役として就任し、コンプライアンス管理などを合わせて実施することも可能です。

税務アドバイス

解決できる課題

CASE01

日本の本社からアジアの各国に進出していく計画を立てているのですが、シンガポールをどのように活用したらよいのでしょうか?

CASE02

シンガポールで事業を開始するにあたって、当社のビジネス・モデルにおいて注意すべき税務上の留意事項を教えて下さい。

CASE03

シンガポールの税務について知識がないので、当社の状況を継続的に把握して、税務に関して適切なアドバイスをして下さい。

CASE04

これから行う取引に関して税務上の取り扱いを教えて下さい。またシンガポールの税務当局からお墨付きをもらうことはできますでしょうか?

CASE05

日本からシンガポールを経由して、タイ、インドネシア、ベトナムに販売する場合、日本からシンガポールを経由しないでそれぞれの国に販売する場合に分けて、それぞれの国と国際税務の観点から、かかる税金、税率、外国税額控除の論点などを整理して下さい。

サービス一覧

  • 1国際税務相談

    ・シンガポール税制の相談。
    ・シンガポールと日本を含むその他のアジア各国との租税条約の検討。
    ・移転価格税制に対する文書の作成・アドバイス。

  • 2税務代理

    ・税務顧問として、シンガポールにおける日々の税務相談。
    ・タックス・プランニング。
    ・税務当局からの問い合わせ対応。
    ・個別の取引に関する税務上の取り扱いを税務当局に確認。

  • 3法人税務申告代行

    事業年度末の決算を受けて、支払うべき法人税額の算定と税務申告書の作成、税務当局への提出代行。

  • 4GST(消費税)申告代行

    ・GSTの課税事業者の届出の代行。
    ・課税事業者となった場合の四半期ごとの申告書の作成と税務当局への提出を代行。

  • 5個人所得税申告代行

    個人事業主や、給与所得者、海外赴任者の個人の所得税申告書の作成及び税務当局への提出を代行。

会計顧問及びアウトソーシング

解決できる課題

CASE01

親会社の経理部に対しての月次の会計報告をグループの報告形式で作成して下さい。また、親会社からの日本語でくる難しい質問にも対応してもらえますか?

CASE02

監査人から新しい会計基準の適用に関して報告を求められていますが監査人は何も教えてくれません。国際会計基準はよく分からないので助けてください。

CASE03

会社の会計帳簿の作成だけでなく、給与計算、毎月の支払い事務、それから請求書の作成業務もすべて合わせて行ってもらえますか?

CASE04

親会社の求める月次会計報告が、月末後1日目なのですが、それで対応できますか?

CASE05

当社はローカルの会計スタッフがいるので会計帳簿作成サービスは不要です。但し、たまに間違えがあったり、親会社から質問の対応ができなかったりするので、そこだけ手伝ってもらえますか?

サービス一覧

  • 1会計基準アドバイス

    ・シンガポール会計基準に準拠した財務諸表の作成に関してアドバイス等を致します。
    ※会計基準の適用にあたって会計監査人との交渉を支援します。

  • 2親会社財務報告支援

    ・上場会社のシンガポール子会社などが親会社に対して行う、月次・四半期・年次の財務報告を支援。
    ・親会社の適用する会計基準に沿った報告、シンガポール税制に対応した税効果会計の適用、親会社への説明等も支援。

  • 3連結パッケージ作成支援

    日本の親会社がシンガポール現地法人を連結する際の必要な財務・経営数値の報告書である連結パッケージの作成に関するアドバイス、または作成業務の受託。

  • 4会計帳簿記帳アウトソーシング

    ・会計帳簿の記帳業務。
    ※特に要望がない場合はQuickBook等の会計ソフトによりますが、親会社も含めた会計ソフト・システムの指定がある場合は、その会計システムを使用して記帳を行います。

  • 5給与計算

    ・日本人駐在員のグロスアップ給与計算。
    ・現地従業員の給与額の計算。
    ・CPF拠出金の算定。
    ・IR8Aの作成。

  • 6月次決算報告

    ・会社の要請に基づいた月次決算。
    ・経営陣や取締役会への報告、親会社への報告等。
    ※予算制度を運用している会社に対しては、ご要望に応じて予算実績分析なども同時に提供できます。

会計監査  ※会計監査は提携のローカル監査事務所により実施されます。

解決できる課題

CASE01

会計監査は不要なのですが、シンガポールの法律で監査を受けなくてはいけないようです。できるだけ負担なく監査をやって下さい。

CASE02

親会社は日本の上場会社なので、親会社の監査が終わるまでにシンガポール法人の監査意見が欲しいです。通常より早く監査を行うことはできますか?

CASE03

親会社の関係で大手の監査事務所が監査をしています。でも、いつも会計処理で揉めたり必要以上に資料などを求められている気がします。監査対応をお願いしてよいのでしょうか?

サービス一覧

  • 1シンガポール会社法監査

    シンガポールでは一定の規定に該当しない限りは法定監査が義務付けられています。
    個人企業から中規模企業まで、広い範囲の会社の法定監査に対応しています。

  • 2親会社向け連結パッケージ監査

    ・親会社の連結財務諸表作成目的の任意監査。
    ※法定監査ではないため、監査基準等もご要望に応じてカスタマイズ可能です。監査上の問題点や、特定の項目に対する報告も監査指示書に従って実施致します。

  • 3監査法人対応

    親会社指定の監査法人による監査を受けている場合など、会社側に立って、決算処理や会計上の質問の窓口などを行い監査の完了まで支援します。

トランズアクション

解決できる課題

CASE01

日本の会社なのですが、シンガポールに進出するにあたり同様の事業をやっている会社を買収しようと考えています。その会社の財務内容を調査してもらえますか?

CASE02

シンガポール子会社と、そのさらに子会社であるインド法人、タイ法人の財務内容と、連結作業を調査して、財務報告に問題がないか検証してもらえますでしょうか?

CASE03

日本からシンガポールを経由してインドネシアに投資しようと考えているのですが、どのように投資をすれば税金の面も、制度の面もクリアできる最適な方法になりますでしょうか?

サービス一覧

  • 1現地企業買収コンサルティング

    ・日本企業のシンガポール企業の買収を支援。
    ※M&Aコンサルティング会社による買収対象企業の発掘後、日本本社への情報提供、買収先の調査を行います。

  • 2財務デューデリジェンス

    ・日本企業によるシンガポール企業の買収資本提携等にあたっての財務調査を行い、買収先の財務評価、問題点の洗い出しを行い、報告致します。

  • 3株式価値評価業務

    ・日本企業のシンガポール企業買収にあたっての株式価値評価
    ・純資産方式による評価、
    ・DCF法による評価
    ・類似会社比準方式による評価
    ※総合的に勘案し企業価値及び株式価値を評価します。

  • 4企業結合会計に関連した資産評価業務

    企業買収後、企業は取得価額と買収した会社の貸借対照表の時価純資産との差額をシンガポール会計基準によって無形資産に配分、いわゆるPurchase Price Allocationをしなければなりません。
    この評価の実施と監査法人対応を致します。

IPO支援

解決できる課題

CASE01

将来、シンガポール証券取引所に上場しようと考えています。どの程度の会社に成長させれば上場できるのでしょうか。また、それまでに必要な事項やコストなどを教えて下さい。

サービス一覧

  • 1IPOアドバイザーの
    ご紹介

    IPOを行うにあたって証券会社の他、弁護士事務所、監査法人、IRアドバイザーなどの各種専門家チームの組織を支援します。

  • 2上場前会計監査、又は会計監査準備支援

    ・上場準備のための会計監査。
    ・大手監査法人を選定した場合でも、シンガポールにて経理チームの一部となり、会社と一体になり監査法人対応を実施します。

  • 3内部統制構築支援業務

    ・シンガポール会社法の他、SGX Listing Manualが求めている上場企業としての内部統制の構築を支援
    ・取締役の要件や構成、利害関係人との取引に関する社内プロセスなどのコーポレートガバナンス体制の確立
    ・社内意思決定プロセスの明確化、会社の業務プロセスの構築などを支援

  • 4目論見書作成支援サービス(財務関連)

    株式上場のための目論見書における財務関連の記載事項として、過去の財務状況を記載する必要があります。
    これはシンガポール会計基準に従った記載となり、会計方針の他、全ての注記を作成しなければなりません。これらの作成を支援致します。